no03.png

こども庁」の創設に​向けた動き

こども庁の創設に向けて、参議院議員の山田太郎とじみはなこが共同事務局を設置、皆様のご意見を募るアンケートや有識者との勉強会などを実施し、進めています。

index

1

「子ども行政への要望・必要だと思うことアンケート」分析結果

「Children First の子ども行政のあり方勉強会」で実施した、17,458人の回答を集め、分析した必見の資料はこちら。

​子ども行政を取り巻く、さまざまな「事実」が明らかになりました。

kusa.png

「Children First の子ども行政のあり方勉強会」では第二次提言とりまとめにあたって地域の問題を現場で解決している全国の自民党の党籍を持つ132人の地方議員の先生のお声を集め、作成に反映させました。

kusa.png

「Children First の子ども行政のあり方勉強会」WEBアンケート第3弾では地方自治体の最前線で働いていらっしゃる地方公務員の皆様を対象に行い、303人の方々から現場の生の声を頂戴しました。

 
2

「Children First の子ども行政のあり方勉強会」

145389090_3835012763255615_8725290852658

「Children First の子ども行政のあり方勉強会」は2021年2月より、山田太郎とじみはなこの共同事務局で実施しています。

『じみはなこのひまわりチャンネル』の、「山田太郎先生の子ども行政への想い」​もチェック!

kusa.png
 
 
 
 

■勉強会 第1回 市町村から見た中央での子ども行政のあり方

2021年2月2日、記念すべき第1回目となる勉強会を開催しました。講師には、「こどもを核としたまちづくり」で有名な兵庫県明石市の泉房穂市長をお招きし、「市町村から見た中央での子ども行政のありかた」についてご講演頂きました。多数の国会議員の先生方にご出席頂き、素晴らしいスタートを切ることができました。

Twitter_icon.png
kusa.png

■勉強会 第2回 かかりつけ助産師制度・院内助産システム

2021年第2回勉強会は、2月9日に開催しました。出産ケア政策会議共同代表・京都大学京都大学大学院医学研究科母性看護・助産学分野助教ドーリング景子先生から「ニュージーランドにおけるかかりつけ助産師制度について〜20年前の改革に学ぶ〜」をテーマに、日本医科大学多摩永山病院院長中井章人先生より「産婦人科の現状と取り組み(セミオープンシステムと助産師外来、院内助産システムを中心に)」をテーマにそれぞれご講演頂きました。妊産婦に寄り添った質の高い周産期医療提供体制の整備を推進するためにも、行政における「子ども庁」設置などの支援強化が必要であることを強く感じました。

Twitter_icon.png
kusa.png
 

■勉強会 第3回 子どもの死亡事故と予防

2021年2月16日に開催された第3回勉強会はCDR(Child Death Review)がテーマでした。東京工業大学教授 西田佳史先生から「死亡事故のデータを予防につなげる多職連携-長野県高森町死亡事故事例に学ぶ」について、一般社団法人吉川慎之介記念基金代表理事 吉川優子氏より「チャイルド・デス・レビュー(CDR)と事故調査・検証制度の在り方について-保育・学校事故遺族の立場から-」についてご講演いただきました。厚生労働省子ども家庭局母子保健課より国のCDRの取り組みについて説明もあり、予防できる子どもの死亡をひとつでも防ぐことは、国や社会の重要な課題であり将来に渡る大きな責務であると改めて認識しました。